メグモグ生活

調理師・日本画家の女房・築古戸建の大家さん・乳がんサバイバー ”わくわくキョロキョロ”がモットーです!

自己肯定感がアップすると、お金のブロックが外れる?!給食のおばちゃんのお金の話、お金は○○?!

こんにちは!メグモグです。

以前に、お金のブロックのことを書いたことがあります。
昔々は「自分には、お金のブロックがある」ことにすら気付いていなかった。

それが「どうやら自分には、お金のブロックがあるぞ」と気が付き、その理由を探り、ブロックを外すことに、もがいた時期があった。

 

今は、「お金、大好き~!」と言える。

 

f:id:smile-baumkuchen:20200628123033p:plain

先日とあるサイトで、「お金は、自分」という言葉を目にした。

なるほどです。

お金は自分、お金大好き、自分大好き ですね。

 

確かに、お金のブロックがあった時は、私は自分のことが好きではなかった。

褒められることも、嫌いだった。

でも今は、自分も、お金も、好き!

 

ここは一つ、自分が好きになっていった歴史を書くと面白いかも?と思い、少しづつ書いてみようと思います。 

 

給食のおばちゃんの歴史は、高校を卒業して調理師専門学校に行き、免許を取得したところから始まります。

 

料理が好き!という訳ではなく、高校生のころから家族の夕食を作っていたので、「自分が無理なくできること」だったから進んだ道でした。

それなのにこんなに長く同じ仕事をしていることは、自分でもビックリです。

 

卒業後は、病院の給食のおばちゃん…(ではないですね、その頃は給食のおねえちゃん)として働き始めました。

給料も良かったですし、休日などの待遇もとても良かった。

ですが、一年、二年と働くうち何だかつまらなく感じてきた。

 

栄養士だと患者さんと接する機会があったり、業者さんなど外部の人との接触もあります。

調理師は、決められた献立を決められたとおりに作るのが仕事です。

 

仕事からの広がりを、見いだせなかった。

悶々とした日々を送っていました。

 

f:id:smile-baumkuchen:20200628123225p:plain

色々考えても埒が明かない。

「辞める!ということをやろう!」と一人で決め、後のことは全く考えずに退職してしまいました。

 

 これは自分で考え、自分で決めて、自分で行動する、ことを人生の中で初めて経験した出来事でした。

それまでは、「こうしたら?」と親の言われるまま進んできていました。

そのことは、全く疑問にも思わなかった。

給食のおばちゃん、人生初の転機でした。

 

そんな私が一言の相談もせずに仕事を辞めてしまったことは、両親にとってはとてもショックだったようです。

 

f:id:smile-baumkuchen:20200628123500p:plain

 

辞めた時はウキウキでしたが、そのうち世の中の荒波を知る訳です。

ちょうど日航機が御巣鷹山に墜落した頃でした。

毎日テレビを見ていた記憶があります。 

 

3か月ほど家でゴロゴロしていたでしょうか。

このままではいけない!と気持ちも動き出せるようになってきました。

料理関係なら、働き口に困ることはありません。

閉鎖的な給食の仕事ではなく、人と接する仕事に憧れていたので、飲食店でアルバイトを始めました。

半年ほどそんな生活をしていた時、スキースクールの校長先生が宿をオープンさせたという新聞記事を見たのです。

「こんなところで働けば、スキーが上手な人たちが集まってくるはずだし、ヒマな時には教えて貰えるかな?」と思ったのです。

 

早速電話をし、ウインターシーズンの約3か月半住み込みで働くことになりました。

 

つづく