メグモグ生活

調理師・日本画家の女房・築古戸建の大家さん・乳がんサバイバー ”わくわくキョロキョロ”がモットーです!

給食のおばちゃん大家、個人事業主として申告&商工会に入る

こんにちは!メグモグです。


給食のおばちゃんが物件を購入して、大家さんになれるかも知れない?!という状況にはなれました。

ですが、物件を購入しても家賃収入を得ることができる訳ではない!。
あくまでも、入居者さんが決まるまで家賃収入は0円です。

f:id:smile-baumkuchen:20200628124850p:plain

ですが、不動産賃貸業の個人事業主として申請しておくことにしました。
大家さんは、自営業者です。
自覚も必要ですし、なるべく早く入居者さんを決めて、家賃収入を得るぞ!という気合を入れるためでもありました。

 

物件を購入したのが7月、申請しておこうと思ったのが9月でした。

9月はちょうど母の誕生日月なので、忘れないように母の誕生日を創業の日に決めました。

 

ちょっと感動しましたね。
自営業者として自覚を持って、少しでも税金を納めるようになりたいなと思いました。
更には、税金対策するほどになりたい~~!

そして大家の先輩から、「商工会に入っておくと、何かといいよ!」ということを教えて貰いました。

 

給食のおばちゃん業はサラリーマンですので、会社で源泉徴収票をもらい、不動産賃貸業者として青色申告をします。

 

商工会に入れば、申告の際の会計の相談も出来ます。

そして今後の物件取得の時には、商工会は政策金融公庫とも太いパイプがあるので融資の時にフォローして貰えるという期待もありました。



たまたま夫の友人が、地域の商工会の理事をされていて、繋いで貰いました。

使えるものは何でも使っちゃえ!という厚かましい精神は、既に出来ていました(笑)。

 

 

会計に関しては弥生会計ソフトを購入し、分からないことはパソコンを持参して何度も商工会に教わりに行きました。

決算書も作成し、申告も無事行うことができました。

 

融資に関しては、入居者さんが決まり次の物件を購入するため、政策金融公庫に融資の問い合わせをしてみました。
最初の物件のリフォーム資金の融資が下りて、半年くらい経った頃でした。

 

ですが、「この前融資したばかりですよね!1年は返済の実績を作らないと融資は無理ですよね!」と、全く冷たい態度でした。

 

そこで商工会に相談すると、政策金融公庫との面談の予約を入れてくれました。
購入したい物件の資料を持参し、融資の打診をしてみました。
電話ではけんもほろろだったのに、商工会を通すとテーブルに付いてくれる訳です。

 

ですがなかなか返事がこなかったので、商工会に連絡し商工会から政策金融公庫に突いて貰いました。
すると「頂いた資料の金額なら、融資しますよ」との返事。

f:id:smile-baumkuchen:20200628125110p:plain

結果的に、良さそうな築古戸建は直ぐに売れますので、話は無くなりましたが…。

 

と言った例もありますので、商工会と仲良くしておくことは確定申告と政策金融公庫での融資依頼にはオススメです!