メグモグ生活

調理師・日本画家の女房・築古戸建の大家さん・乳がんサバイバー ”わくわくキョロキョロ”がモットーです!

給食のおばちゃん大家さんになる、でも夫にはナイショ…の話

こんにちは!メグモグです。

 

不動産投資を始めるにあたり、家族の理解は必須です。

給食のおばちゃんが大家さんになろう!と決めた時、夫にはナイショでした。

夫は日本画家。

f:id:smile-baumkuchen:20200627184101p:plain

お金にはあまり興味がない…と言うか、そもそも芸術家がお金に興味があるとやってられないと思う。

あれば嬉しい、無くても平気、そんな感じです。

 

勉強会や講座で出掛けるときは、「お金の勉強に行ってくるね!」と夕飯代の千円を渡していました。

 

私が勉強会や講座の後の懇親会に参加して帰宅すると、テーブルにはコンビニで買ったと思われるおつまみとビールの空き缶が並んでいます。

そして、ご機嫌な顔で「お帰り~!」と迎てくれます。

 

そんな日が続いていましたが、さすがに物件購入を決めた時は、夫にカミングアウトしないとマズイと思った。

 

「美味しい蕎麦をご馳走するから、ついでに見てほしい家があるの」と言って連れ出した。

 

実は夫は古い家が好き。

夫の実家(現在は義理の母だけが住んでいる)は、築70年ほどの古家。

 

ロケーションも、家の雰囲気も、とっても気に入った様子。

こちらが拍子抜けするくらい、ビックリした。

 

ついでに、どの程度リフォームに手入れしたらいいと思う?と聞いてみた。

的確な答えを聞くことが出来た。

それ以降、気になる物件が出た時は、ドライブかたがた夫に見てもらうようになった。

 

f:id:smile-baumkuchen:20200628125506j:plain

夫のスタンスは、「奥さんのお金でやるのだから、好きにしたら?」ということです。