メグモグ生活

調理師・日本画家の女房・築古戸建の大家さん・乳がんサバイバー ”わくわくキョロキョロ”がモットーです!

給食のおばちゃんでも築古戸建の大家さんになれる!その為の行動と思考 7つのヒケツ その1

こんにちは!メグモグです。

給食のおばちゃんでも築古戸建の大家さんになれる!その為の行動と思考 7つのヒケツ

f:id:smile-baumkuchen:20200627185912j:plain

どうやって初めての物件を持つことができたか、その道のりをお伝えします。

 

 

 

1、「物件に出会うまでに行ったこと」

①物件探し

f:id:smile-baumkuchen:20200628143352p:plain

取得したい物件を、築古戸建に絞って探すことにした。

・検索範囲は、愛知県知多方面(知多市、半田市、常滑市、南知多町、武豊町など)、瀬戸市、愛西市、一宮市、小牧市、犬山市、など比較的地価が安い愛知県内。

住まいから車で1時間以内で行ける範囲。

・物件価格は、200万円から350万円

・ファミリーに住んでもらいたかったので、間取りは3DK~5DKの規模

 

楽待や健美家は1棟物の収益物件が多いので、アットホームや不動産ジャパン、地場の不動産業者のホームページを検索した。

 

⇒結果:価格が安価なこともあり、内覧をしても人が住むイメージが沸かない超ボロ物件しか出会えず。

 

⇒検索範囲の変更

高速道路を使用して、自宅より1時間程度で行ける範囲に変更

愛知県全体(地価が高い地域は除く)、岐阜県(東は中津川市~西は養老町あたりまで)、三重県(南は津市まで)

 

更に駐車場がない物件は検索範囲から外した。

 

②政策金融公庫に融資の打診に行く

物件はキャッシュで購入する予定だが、リフォーム資金を融資してもらえないか打診に行った。

 

電話でアポを取り、資料を作成し、居住地の支店に行く。
(資料については改めて書きます)

女性枠があり、年度末が近いということもあり、かなり好意的だった。

その後、「どうなりましたか?」と何度か電話も頂いた。

 

物件を取得していれば、リフォーム資金は融資するとの約束を頂く。

 

③見る目を養う 

築古戸建をリフォーム再生するイメージを固めるため、(一社)全国古家再生推進協議会の勉強会と物件内覧会に参加する。

二度ほど参加したが、資格が無いと物件購入の挙手ができないことが判明。

古家再生投資プランナーの資格を取得するため、入会しオンラインで学び資格を取得。

 

こちらの協会で物件を購入することはなかった。

理由は、リフォーム箇所や価格等は協会の施工基準で決められるため、自分の裁量で行うことができないため。

 

④書籍を読む

f:id:smile-baumkuchen:20200628130003p:plain

築古戸建物件に特化した千葉県在住の「サーファー薬剤師大家」さんの書籍やブログをバイブルのように読んだ。

 

その後、東京でのセミナーに参加した。

 

※築古戸建を狙っている方には、本当にオススメの大家さんです。書籍「空き家は使える!戸建て賃貸テッパン投資法」著:サーファー薬剤師



⑤発想の転換を図る

仕事が休みで時間があれば、物件の内覧予定を入れていた。
価格を基準に物件を探していると、人が住むイメージが付かないほどボロボロな物件を見ることとなり、気持ちが萎えてきていた。

 

発想の転換を図るべく、アポなしで隣の岐阜県の東濃地方のとある業者さんに、飛び込みで入る。
「価格度外視で、賃貸が付きそうな地域にある売り物件を紹介してほしい!」

 

物件1 750万円 JR〇駅 徒歩5分、駐車場なし、7LDK,、残債があるためさほど指値は無理

物件2 440万円 JR〇駅 徒歩25分、駐車場3台、5LDK,平屋

 

日時を調整し内覧の約束を取る。